2006年 08月 19日 ( 1 )
富士山登頂 その2
8/14 10:30pm 起床(仮眠から)。
ぼちぼちと防寒具を身につける。
私は、タンクトップ、Tシャツ、薄い夏向きカーディガン、
ウールの薄いカーディガン、ウール+皮の分厚いカーディガン
にゴアテックス、という重装備! (着過ぎ?)

11:00pmごろか、いざ出陣!
道は真っ暗なので、めいめい頭に小さいヘッドランプをつけて。
ガイドさんのかけ声に、またしてもSun&Sun東京一号車は
イェーッイ! ウォー!! といい返事! 今から本番、いくぞ〜!
っと気合いをいれる。

「あそこに見えるのが8合目半です」
と示されたところは、遥か上。
あまり考えないことにしよう(笑)

岩場を一歩一歩細かいステップで進んでいく。
後ろを振り返ると、湖が見える。
町の明かりも見える。

ヘッドランプを消して休憩すると星が沢山。
ちょうど月も半月くらいでキレイ。
写真撮ろうとおもったけど、さすがに三脚を
持っていなかったので、あまりのブレブレに諦める。

休憩しても、休憩しても、まだ一向に
8合目半、と言われたあのエリアには辿り着かない。
どうやら、8合目ってのは、とてつもなく遠く感じるスパンらしい。

それでも、諦めず、みんな、一歩ずつ進んでいく。
意外と登りはしんどくない。
上を見ると、ああ、まだまだだぁ、、、
っていう気にはなるが、とりあえず一歩ずつ足を前に
進めていく分にはあまり負担は感じない。

それに、なんしかお盆のため人が多く、トレイルが混んでいて
休み休み進んでる、というのもよかったのかもしれない。

ようやく8合目半に辿り着き、さらにちょっといったところあたりで
みんなで休憩。私はホットココアを飲む。
生き返る〜!!

うちのチームはひとり、ここで自分の体調と相談し
この山小屋でご来光を拝むことに決めた。
残りの10名はそのまま頂上目指して進むことにする。

この最後の山小屋あたり(おそらく休憩したのはトモエ館?)は
人がとにかく多いので、Sun&Sunチームは東京大阪隊とも
普通の登山道ではなく下山道を通って、頂上に行くことになった。

なだらかな道をちょっと下りつつ、あと、9つジグザグと
まっすぐな道を進めば頂上!

このあたりから、私は胸が苦しい。
でも、高山病で苦しい、という感じでもない。
酸素を吸入してもたいして変わりないというか、
酸素が欲しい、っという感じではなく、
どうやら、いつものチャクラの詰まりが始まった感じ。

「苦しそうな顔してますよ、これ以上登っても
 決して楽になることはないので辞めた方がいいですよ」
なぁんて、うちのガイドではない、どっかのガイドに言われたが
私としてはまったくもって高山病でないことがわかっていたので
忠告はま、聞き流し、ゆっくりペースで進んでいった。

4時を過ぎ、そろそろ明るくなってくる。

ってか、11:00ごろに山小屋を出てからもうなに!? 5時間も
歩いてるの? っちゅー感じである。

c0001980_19193116.jpg


だんだん日の出が近づき、私たちもだんだん頂上に近づいてきた。

どうやら頂上は劇混みの模様。
ご来光をゆっくり拝むには頂上のちょっと手前のほうがよさそう、
ということで無理して進まず、少し手前で停まって、みんな、かなたを見つめる。

そして、ご来光。

c0001980_19211233.jpg


太陽を見ているとなんだかすーっと涙が流れる。
はっきりいって、胸のしんどさがピークだったのであまり余裕はないけれど
人ごみのなかではなく、みんな一番前でご来光を拝み、
神聖な気持ちになる。


しばらくしてから、もう一度、頂上を目指して、最後の最後、
数百メートルを登り、
YES! 頂上に到着!!!!! 
みんなでとりあえず万歳\(^o^)/ !

c0001980_19253017.jpg


こんな人数の人がここまで辿り着けるなんて
本当に凄い。 頂上は人でゴッタガエ。
でも、みんなほんとにいい表情!

1時間ほど頂上で、宿で用意してもらったおにぎり弁当を食べたりして過ごす。

そして、下山。
いやぁ、何がしんどかったって、これが一番キツイ。
降りる要領は、まるでスキー上で歩いて下山してるような感じ。
ストックをつきつつ、ザクっザクっと、雪をブーツでかき割って進むように
砂利道をザックザック進む。

ゆっくり進むと却ってしんどいので、
がががががーーーーーっと降りては、ちょっと休み、
がががががーーーーーっと人を抜かして(スキーの要領)は、ちょっと休み。

最後、6合目からが、とてもキツイ。
あとちょっとだと思ってるのになかなか、最後の道が現われない。
ここ過ぎたら、もうスタート地点だ!
と何度思った事か。

本当に最後の最後で、また期待に裏切られ、
がっくりきたら、突然お腹が空いてることに気づき、
スタミナ切れを感じたので、残していたおにぎりを食べて栄養補給。

となりで子供が「もうやだーーー!」とダダをこねていたが
まったくその気持ち、分かる。

もう歩きたくないよ〜!!!!!

、、、
といっても、歩かないわけないはいかない。
とぼ、とぼ、とぼ、とぼ、、、とりあえず、歩く、、。

9:55
ようやく、スタート地点に到着!!!!!

ああ、よくやった。
心配していた膝も痛まず、足の親指がちょっと痛いくらい。

我ながら、よくやった〜!!!
みんなもすごい〜!!!!

1時間ほど休憩して、出発間際に
雨が降ってきた。

ああ、私たち、なんてラッキー。
結局歩いているときは、一度も雨に降られず、
強い風にも吹かれず、
ストレス源は最小限に抑えられた環境で
登山&下山が出来た。

いやぁ、ツイてる!!!

一緒に声を出しながら楽しんで登ったガイドさんともお別れ。
なんだか、昔からの仲間と別れるようなちょっと寂しい気分だったりする。

5合目を出てから、山中湖?河口湖?あたりの温泉施設に立ち寄り
お風呂にはいって、食事して、
ふはぁ〜。

お盆だし、新宿までの道、また混んでいるかもしれない、
と覚悟していたのに、
これもスーっと何事もないように切抜け?
予定よりも早くに新宿に帰着。

いや、ほんとうに、恵まれた富士登山ツアーでした。

      ・゜゜・。。・゜゜・。
なんだか文章まとまらず、写真も少なくて
ダラダラ書いた記録ですんません!

でも、ものすごい覚悟をしていったわりには
結構、平気だったような気になっている自分の記憶力の悪さ?
にびっくりしつつ、
恵まれた富士登山経験ができて
ほんとうに感謝!!! 
一緒に登ったみんなにも感謝です。
ありがと〜♪
[PR]
by lightandcolors | 2006-08-19 19:43 | 富士登山2006


勝手気まぐれ&ちょっとスピリチュアル系ひとりごと。。。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
LINKs to my other sites
Light & Colors *embrace*
横浜市内にある隠れ家
ヒーリングスペース♪
クォンタムタッチのワークショップもご要望に応じて随時開催中。遠隔ヒーリングもしています


Light & Colors WEBSHOP
"ココロとカラダを癒す"&"自然との共同創造"、そして "色・光・音"がテーマの雑貨セレクトショップ。エンジェルチューナーやクリスタルも好評販売中♪


Light & Colors WEBSHOP information+α
ショップの更新情報や商品にまつわる情報


Light & Colors Photo
花や旅行先での写真ギャラリー


Check These Out!!
オススメ本、商品、サイト、海外旅行のtips等を紹介するblog


ナチュラルな暮らしのために
NEW! amazon提携shop



2004/11以前の日記はこちら



::OTHER BLOG LINKs::

はづき虹映の虹色吐息
多忙な人のスローライフ
願いをかなえるタロットセラピー
光への扉☆
mi-keの形而上的かくれ家
cotemidi
くろぴい農園
スピリチュアルカウンセリングと神社・聖地の情報
光の息吹, 光の息吹
Natural Life
女神たちのパッチワーク
Kanako.Maruoka
†amirta-Crystal Cave†
お気に入りブログ
最新のトラックバック
クリスタルたち
from HAPPY LOTUS 笘
体に優しいオーガニックを!
from ロハスな生活で健康ライフ
太陽の紋章
from ★ The MIXTEC ★..
朝食用「ベビースター」?
from Short Cappuccino
ビブリオ・スピーク
from mi-keの形而上的かくれ家
海遊館
from 大阪★いらっしゃ〜い
部屋を片付けているんだか..
from The sunshines ..
最期の言葉
from カプチーノを飲むあいだ
スピリチュアルで精神世界..
from スピリチュアルで精神世界なヒ..
LOHAS9で出会ったB..
from Do_yoga! ヨガで身体..
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧