カテゴリ:スピリチュアル( 29 )
2006.10.17
ちょっと気になる情報を目にしたのでシェアします。

信じる、信じないはみなさんそれぞれだと思いますが
少なくとも、自分の感情や想念、思念に意識を向け
ポジティブに保つことは平和な地球を顕現するために
とても必要なことだと私は思っています。

もしも響くところがあれば、下記、意識してみてください。
時間帯はユニバーサル(どこにいても、表記の時間でよい)そうです。

------
これは2013年まで続く、いくつかの私たちのボタンを押すイベントの始まりです.ユニバース2にあるとっても高い次元から放射されるウルトラバイオレットの光線がこの日地球を通過します.この光線は地球に15時間とどまります.

とにもかくにも、これらはあなたのソウルとソウルグループに影響を及ぼす為に、ユニバース2から発せられたもので、ハートのチャクラに響き、自然界のブルーとマジェンタを輝かせ、あなたと地球の存在するユニバース1にある色の周波数域を超えたこの周波数の帯が、あなたとこの星を統合に導きます.


その結果、すべての想いや、感情が100万倍に強烈に拡大します.そうです。繰り返しますが、全てが100万倍か、それ以上に拡大、増幅されるのです.全ての想念、全ての感情、全ての決意、全ての意志、良いことも悪いことも関係無しに、病気も、ポジティブなことも、ネガティブなことも、100万倍に強力に拡大されるのです.

この意味することって? あなたの想念は今まで、原因結果の法則にのって現れてきたけれど、この光は、あなたのフォーカスする想いに力を与え加速し、それが実現化する割合に対する時間枠もまた加速されるから、通常実現化する100万倍速くそれらが現れるのです.

あなたの想念が、どこにフォーカスしているかで現実を造り出します.この光線は、あなたの選択次第でギフトにも、危険なツールにもなります.あなたのいつも思っているネガティブな想いの癖も、ほとんど即座に現実に現れるからです.

ミッション−1017

100万人の人にお願いします.

この時に、この地球や人類、自分自身に対して、ポジティブで、哀れみ深く、親切な想いを持つことに集中してください.全てがこの時、まるで奇跡のと呼ばれるような感覚で、日頃感じている時間枠を超えた速さで現れるのです.全てはあなたの自然な選択ですが.愛、繁栄、癒し、富み、親切、感謝などのポジティブな想いに集中しましょう.

この光線が影響を及ぼすのは、どんなタイムゾーンにいようとも関係なく、2006年10月17日の午前10時17分から
10月18日の午前1時17分の15時間です.

ピークは、10月17日の午後5時10分!!!!!!!!

特別瞑想して過ごす必要なないけれど、そうすることはあなたに素晴らしい恩恵をもたらすことでしょう.どこかあなたの近所の自然の感じられる場所、たとえば、大きな木の近くとか、波の音が聞こえる場所だとか、あなたが平和に過ごせる最適の場所を探してください.

あなたの内なる情熱にあった、この地球や人類に有益な、愛に溢れた想いが感じられる自然の中がいいでしょう.

どうぞ、これをあなたの方法で、気になる人々に話していってください.私たちはこれを、光から光への連鎖反応818ネットワークとネットワークの接合点と呼んでいます.100万人以上の人類が引き起こす、今までの人類の分離や分裂した意識から、統合された ONENESS への移行の時です.またこれは本来の地球と人類にふさわしい、平和と繁栄が何かを顧みる絶好のチャンスです.これはあなたの祈りに対する、この星のライフラインからの答えであり、ギフトです.

あなたの選択で、これに参加するか、参加しないかは決めてください.

ミッション−1017

どんどんよくなってゆく日々に
[PR]
by lightandcolors | 2006-10-17 09:42 | スピリチュアル
盆が近づくと (完結編)
大分別府日帰り旅行、強引なスケジュールで行ってきました。

昼過ぎに大阪に着き、ちょっとお茶をしてからいざ実家へ。
メールが一度入って、「いつくるの?」とあったが
(最近親もようやく携帯メールを使い始めて使いたいらしい)
話の途中だったのであとで返事を、と思い
しばらくしてからメールしようとしていると
電話がかかってきて「いつくるの?」
これは母親から。

実家は駅から遠く、バスも1時間に1本とかしかなくって
おまけに山道。なので、バスがなければタクシーか
延々とバスを待ってるか、って手段しかない。
なのに、なにやら、迎えにきてくれるという。

お茶も終わって、そろそろ実家へ向おうと思って
電車に乗る前に電話したら父親が出た。
「あ、お母さんは?」
「今、買い物」
「あ、そう、、、。どうしようかなぁ。」
「お父さんが迎えにいく。」
「え、、、、いいのぉ?」

、、、ううう、機嫌あんまりよくなさげだし
いつもなら、もう少し遠慮せずに頼めるのだけど
今回は用事が用事だけに、、ちょっと躊躇しつつ
結局迎えにきてもらう。

が、父親の電車到着の検討よりも
私が乗っていた電車の実際の到着が10分ほど遅く
駅前ロータリーで10分待っていた父親は
すでに機嫌悪し。

あ、ヤバ、、、。

さわらぬ神にたたりなし。
あまり刺激するようなことは口にしないようにしよう。

家について、母親に「明日どうするの?」
と聞かれこっそり、もう辞めときなさい、って表情をされた。

が、明日行かないのであれば今日、ここに来る意味もない。
もう、これはさらっと行くしかない。

「お父さん、槍、とりあえず、見せて」

すると母親が「奥の部屋の廊下にあるよ」
父親は聞いてるのか、聞いてないのか、知らん顔。
ま、いいことにしよう。

廊下の上のほうに、あった、槍。
おお、長い。
そっか、ずっとここに置いてあってんやぁ。。
全然知らんかったわ。(笑)

どうしようかなぁ、と悩んだけどやるしかない。
自分の部屋に戻り、
セラピスベイとクリスタルワンドクリスタルチューナー
持って来た。

※セラピスベイはオーラソーマのエッセンス。
 オーラを浄化し、しっかり守ってくれるもの。

そして、とりあえず、自分の周りをセラピスベイでしっかりと
ガードしてから、槍のオーラもセラピスベイでなぞる。

そしてこれからしようとすることの意図を唱える。

そう、ワークといっても、別に儀式でもなく、呪文があるわけでもなく
ただ、普通に、手放したいエネルギーに対して、語りかけるだけ。

ただ、ここでまたチーンとかいって音鳴らすと、また父親が
反応するしなぁ、、どうしようか。

ちょうど前日、私はやっぱり遠隔セッションに向いているということも
再認識したこともあってそうだ、やっぱり遠隔がいいね。
庭でやろう!

外に行って、
槍にまつわる全てのエネルギー、
戦いの恨みや後悔、悔しさやら喪失の悲しみ、復讐心や自己犠牲、、、
全ての想いを手放そう、と関わっている全ての存在に語りかけてみる。
直接あの槍に関係する人たちだけではなく、その戦さ全体、
さらにはその戦が起きる原因となるそれまでの
すべての日本人の中にあるそういう想い、
日本人だけではなく、同じような想いをしているその他の国の人々の想い、
3次元だけでなく、4次元、5次元にも潜んでいるかもしれない憂鬱、
地球人にそのような影響を与えている他の宇宙存在の戦いにまつわる想い、、、
すべての想いに語りかける。
そして、もう、自分を縛るそのような想いは手放そう、と語りかける。
この機会にもっと自由な光溢れる世界へと
それらの古くもう必要ではなくなっている想いを解放しよう、と語りかける。
そして、光の柱をイメージし、その道をそれらの想いが通って登っていくのを
イメージする。

そのままではちょっと重いので、
クリスタルチューナーで音を鳴らしてその解放のプロセスをサポート。

うん。どうやら効いているようだ。
なんとなく、気分がすっきりしてきた。

キネシオロジー(筋反射テスト。オーリングテストとも言う)で確認してみる
このワーク、効果出ていますか? :YES
まだ槍、持って行く必要ありますか?:NO
明日別府からは遠隔ワークでよいですね?: YES
今あけた、ポータル/光の柱、閉じていいですか?:YES

ふぅ。肩の荷が降りた。
槍、持って行かなくって済むならそれに越したこっちゃない。
父親にももうこれ以上グダグダ言わなくっていいし、
銃刀法のことを気にする必要もない。
助かった。

夜、食事の後、父親がお風呂に入っている隙に
母親に実際のところの話をしてみる。
どういうきっかけで今回の神社行きの話になったのか、
そして先ほどは何をしたのか、等。
すると、今までこういう話をしようとするとすぐに
「わからない」とかいって話題を避けようとしていた母親が
ちゃんと最後まで話を聞いてくれた。
そして「ときどきね、危険にひんしたときに
       あ、守護霊に守ってもらったんだな」
って思ったことあるのよね、となんとなく涙を浮かべながら語った。
そして、今回の私の神社行きも
「なんとなくお父さんの影響じゃないかと思うのよね」
と言った。
そう、父親はなぜかよくあっちこっちの神社に行ってるのだ。
信仰心はないらしく、観光としてだけでしかないようだけど。
でも、きっと認めていないだけで、実は何かを感じているようなのだ。
そして母親も何かを感じているようだ。

朝一の飛行機で九州へ飛ぶ私を、朝早く母親が駅まで送ってくれるという。
父親に「帰ります、というか、行ってくるね」と声をかけたが
あきらかに起きているのに、寝た振りを決め込んで背中を向けたまま。

ま、一度NOと言ったら、意地っ張りなので態度変更は難しいし
どういう態度をとったらいいのか、きっとわからないんだよね〜。
何も言わないってことは、一応よしってことだね、
と家を出た。

あとは飛行機電車を乗り継ぎ、目的地の神社へ。
敷地内にあるすべての石碑や墓石等に語りかけ、
神社の改築に寄付した人とその先祖子孫全てにとって
このワークが最高善のものとなるよう
チューナーを鳴らしながら祈る。
最後に今回私にコンタクトをとってきた先祖の墓石にお酒を備え、
昨日と同じようにワークをする。
ちょうど本殿の裏側にものすごく大きな岩があったので
おそらくそれがポータル。そこから光の柱が出て
すべてのエネルギーが解放されるのを意図、イメージする。
神社で過ごす事45分。そろそろ終わりかな。
、、と思ったら、ちょうど頼んでいたタクシーの迎えが来た。

ということで、今回のお役目終了!!

あぁ、昨日まではほんとに疲れた〜。
なんだか、ほんとにほっとした。
これがどういう影響を及ぼせるかは私にはわからないけれど
あれだけ真剣に願ったことはきっとどこかに反映されるだろう。


帰りの電車までちょっと時間があったので
タクシーの運ちゃんに頼んで
お薦めの温泉に連れてってもらった。
青空と緑の気持ちよい露天風呂。
温泉につかる前に、
もっていった塩、なんと1キロ全部使って全身浄化!

せっかく来たんだから、ここくらいは見とくといいよ、と運ちゃんの勧めで
湯の花づくりの現場と、健康と金運の神様がいるという貴船城、
そして海地獄、という
98度の熱湯が吹き出す温泉も見学。
貴船城では城の守り神である大白蛇神白龍王(金色の蛇)にタッチ!
海地獄では地球のパワーをまざまざと感じた。

関東から別府まできて日帰りするアホはおそらくそんなにいないと思うけど、
なかなか充実した4時間だった。

東京ではちょうど私がワークしていた時間帯、
雷&大雨だったとか。
去年、祖母のワークをしたお盆の日も、大雨に雷だった。
雨と一緒に、いろんな不要なエネルギーが解放されていたのかもしれない。

今回のことでは色んな人に沢山のサポートをいただきました。
みなさん、ありがとね〜!


それにしても、家の庭といい、
神社のお墓の周りといい、
もうそれはそれは、すごい蚊の猛攻撃。
去年だれかさんの撮影を竹林でしたとき以来の蚊のさされよう。
あっちこっちカユカユですぅぅ。


#いやぁ、すんません、はしょりまくっているため、
#私が何書いてるのか、何のこっちゃわからない人にはさっぱりわかりませんよね。
#ごめんなさい。
#ま、自分の覚え書きみたいなもんですのでお許しを。
[PR]
by lightandcolors | 2006-07-16 16:18 | スピリチュアル
盆が近づくと (3)
期日=7月15日の盆が迫ってきたので意を決して
親に電話をした。

昼間、父親のハイヤーセルフにアクセスすると
電話しても遺品をもって神社にお参りするというアイデアに
抵抗はある、という感じ。
なので、そのあたり少しエネルギーワークをしてみる。
抵抗はあるけど、最終的には受け入れる、というところまでは
動いている感じはある。

それでもやっぱり気は重い。

夜、テレビ見てる途中だと機嫌悪くなるから
一応8時台のテレビが終わったであろう
8:55ごろに電話をすることに決める。

その前、30分ほど父親に遠隔ヒーリング。
別に何も感情は感じていなかったのだが
右目から涙がツーっと落ちて、冷たさでびっくりして気がついた。
なにか起こっていた模様。

ユニコーンのカードを引いたら、
「星に願いを」、だった。
とにかく、ポジティブな結果をイメージせよ、と。
星空を見上げ(曇ってて見えないけど)
天使やユニコーン、宇宙のエネルギーにお願いし、
気合い!
で電話をする。

おっとその前に発見したものが。

なんと週末、親が泊まっていった後に、なんと
扇子を置き忘れているのを発見。

これは、これをもって実家へ行けというメッセージだな、うん。

電話する。様子をうかがいながら言ってみる。

私 「扇子、忘れて行ったよね、持って行くから」
父 「いつでもいいよ」

私 「いや、こないだ言ってた件、やっぱり行こうと思って。
   もしも気が変わったら槍もって行くけど、
   もしだめでも、一応、それ見せてもらって、
   九州の神社、行ってくるから。」

父 「絶対、変わらへん!
  九州なんか、行く金あるんやったら、
  貸してる70万返せ! (一眼デジカメレンズ含む一式代)
  お前は一体何をやっとんねや。
  写真が専門なんか? 占いか? 宗教か!?」

はぁ、やっぱりこう来てしまったか。

でも、この次の一言がちょっと効いたらしい。
私 「心配してくれてるのはわかってんねんけど。」

いつもの父だったら何を言っても怒鳴り散らしているところだが
この一言のあと、少しトーンは柔らかくなった。

私 「占いでも、宗教でもない。
  お金もないから、九州へは日帰り。
   (真剣さをこの「日帰り」で訴えてるつもり)
  でも、前泊だけさせてもらって、よかったらその
  槍を見せて欲しいねん。」

父 「見るくらいはいつでもどうぞ」

、、、とりあえず、行けることにはなった。
電話では最後までYESじゃなかったけど、
とりあえず、今日のところは、これでOKとしよう。
あとはなるようになれだ。

ふぅぅぅ〜。

でも、やっぱり父に理解してもらえないということで
電話を切ってから涙がボロボロこぼれる。

これはずっとずっとネックなのだ。

ヒーリング系の仕事をもっとやりたいと思っていても
親に何してんねん? と聞かれて納得してもらえるようには説明できない。
一度、勇気をだして、ワークショップを実家でさせてもらえないか
と聞いてみたけど、何をやんねんと聞かれ、
気功みたいなもんというと
「そういうのは、100%お断り!」と即答されてしまったこともある。

はぁぁ。 ため息。

果たして、こんな想いをしてまで、
このプロジェクトを実行する必要があるのか?

もう一度、ユニコーンのカードに聞いてみた。
そしたら、繰ってる途中で、ポーン!と1枚。

Definetely Yes

そう、もう絶対的にYESなのだ。

そうか、そうか、そうなんだ。
ありがとね〜。

でももうちょっと力貸してください。
私ひとりじゃ、もう大変よぉぉぉ。

どうか、私がいつかわかりあえる日がくるってことを
信頼していられるよう、サポートお願いします。

、、、、とほんとに切にお願いした。

さて、どうなることやら。
ユニコーンが伝えてくれたように
希望と信頼をもって対処します! だから
みなさん、ほんとにサポートお願い〜!!!!! (まだ叫んでる)


...きっと続く...
[PR]
by lightandcolors | 2006-07-12 23:31 | スピリチュアル
盆が近づくと (2)
先週書いた話の続き。

ちょうど週末、法事があり両親が泊まりにきたので
恐る恐る(笑)、家にある遺物をもって神社に行きたい旨伝えた。
一応、夢に出てきた、ということで。

なんとなくわかってもらえるかも、という期待もあったが
ま、当然、ちゃ、当然。
「お父さんはそういうのは信じない。
 だいたい、それが実戦に使われたものかわからない。」
母親はちょっと助け舟を出してくれて
「わからないから、神社へ持って行くってのもありなんじゃないの?」
と言ってくれたが、
ま、頑固なので、一旦言い出したらなかなか意見は変わらない。

とりあえず、無理に今言ってもだめなので、ここは
話題を変えて、その後は何もなかったかのように(笑)。

夜、父親のハイヤーセルフに頼んでみた。
そしたら、私がハイヤーセルフにアクセスしたとたんに
父親がもぞもぞと起き出し、「水が飲みたい」。
うぅん、何か、感じてるのかも。

翌朝。相変わらず疲れていたのだけれども
この件、どうしたものかといろいろ探ってみる。
私のキネシオロジー的感覚では、
それでも、父親が受け入れることになる、という。
今できることはなにか、と確認すると
飛行機押さえることだ、とも。
う〜んん、どうしよう〜。

自分の感覚を確認したくて、先日偶然この件に関わることに
なってしまった友人にメールすると、
夜なら会える、という。ラッキー。
実は彼女は、先週の会った後しばらくしてから、
「イッテハナラヌ」というあきらかに昔言葉で、カタカナ的メッセージも
受け取っていたと言う。

ん、これは一体どういう意味?

そのうち、本を読んでると急に気分が落ち込みだす。
読んでいられなくなり、別の作業をしようとすると、
今度は超イライラ。
自己否定、自己嫌悪が始まる。

友人に会った時には、自分がバラバラの状態。

が、10分ほど話しているうちに、だんだん落ち着きを取り戻す。
そしてフと気づく。

そう、これ、戦いのエネルギーが解放されては困る意識たちの抵抗だ。
父親の抵抗も「抵抗」なんだよなぁ、って昼間にちょっと感じたのも
思い出した。

自分のことに対して激しく落込む時も、いつものパターンだ。
何か抜け出して一歩先へ行こうとするとき、
必ず、私が力を発揮できなくなるようなエネルギーの抵抗がある。
(これって誰にも起こっていること。 突如自己嫌悪に陥るときなど
 結構この可能性ある。)

そして「イッテハナラヌ」。過去のエネルギーからの抵抗のメッセージ。

これらのネガティブなエネルギーは必ず混乱させ、
人が新しいエネルギーをもたらすことをなんとか阻止しようとする。
ネガティブな意識は変化が怖い。
自分たちの居場所がなくなるのが怖い。

   ※「天上のシンフォニー」とか読んだ人は
    結構ピンと来るかも。このあたりの意識撹乱操作(笑)。

、、、そんなことに気づくと、
もうすっかり落ち着いている自分に戻っていた。

ぅぉおお。もう、さすがにこのパターン、ようやく把握したぞ。
もう振り回されないぞ!(笑)

その友人と、やっぱり、神社に行って
古いエネルギーの解放する必要がありそうだね、
という結論になって別れた。
満月前夜。


マウントシャスタに行くに際し、今回の旅の友として
2つのブレスレットを選び、ずーーーーーーーっと身につけていた。
帰ってからも外す気にならず、シャワーの時も寝るときも
ずっとつけていた。

ところが、この日、家に帰ってきてから、初めて、
つけていることに違和感を感じ、外した。

翌日(昨日)、かなり貯まっていた作業ができた。

ショップのほうに、新しくやってきたクリスタルたちを載せるべく
更新作業をしたり、ショップのページレイアウト一部改善したり。
その他、いろんな作業を朝からかなり捗った。

親にはまだ最終的にどうすると言っていないけど
九州行きの飛行機もとった。
(出発あさって。うっ!)


どうやら、シャスタから帰ってきてからの一連のインナーワークも
なんらかの区切りに来たのかな。
おかげで、シャスタ日記も開始できた。

さぁて、この九州の神社行き、果たしてどういうことになるのだろう。
ちゃんと私はその問題の遺品をもって行けるのだろうか〜。

また報告します。
[PR]
by lightandcolors | 2006-07-11 23:56 | スピリチュアル
盆が近づくと
私はまったくもって信心深くなく
行事ごとも関係ない家に育った。
なので七五三もやってもらったことなければ
厄払いもしたことがない。
仏壇こそあれ、我が家で仏教を理解しているものは誰もいない。
お盆だからといって特別なことをしたこともない。

が、そんなこととは関係なく
やっぱりご先祖さまとは深くつながっていて
今の私たちがあるのだ、ということを
思い知らされることが最近よく起こる。

去年は8月のお盆のころに
近い先祖からのコンタクトがあり
先祖供養をした。

そして今年はどうやら7月の盆にむけ
またあらたにとぉぉぉい先祖(16世紀!)からの
コンタクトが!!!

電車に乗ってたら急に耳たぶが痛くなり
??と思っていた。
友達に会ってから、また耳たぶが痛くなったから
なんだろうと思いつつ、どうしょうもないとは思っていたけれど
あまりにもしょっちゅう痛みの刺激がくるから
一緒にいた友達に言ってみた。

「なんかさぁ、耳たぶ痛いんだけど、、、」

その友達にしたらそんなこと言われたってって感じだけど(笑)

「何か聞きたくないことがあるんじゃないの〜?」とか言われながら、

でも、確かこの痛みの発生の仕方は
自分のものじゃない時にくる痛みの発生の仕方だよなぁと思う自分。

そう、デパートに行ったり、電車に乗ったりしてるときに
不意に、横からピストルで打たれたかのように
痛みが入ってくるときがある、あの感覚。

それを言ってみたあたりで友達、ペンジュラムを取り出す。
「うん、どうやら、あなたのじゃないらしい、、、」

ってところから始まり、直感の鋭い彼女と質問魔の私と
ペンジュラムの共同ワークにより
その古い先祖からのメッセージが発覚。

16世紀と言えば戦いまっただ中。
その時代の遺物が実家にあるという。
それを持ってその先祖が祭られているという神社へ
いく必要がある、ということだった。

しかも、実家に一泊してその遺物を受取り、
飛行機で朝一で現地へ向うように、とのメッセージまで追加で来た。
かなりその遺物(武器)が強力で日が暮れると危ないかららしい。

そして、これは、その先祖のため、というよりも
やはり今を生きている私たちのため、という感じ。

今地球に新しいエネルギーが降り注いでいて
地球自体も変化を遂げようとしているとき。
変化の過程でどうしてもネガティブで強力なエネルギーは
クリアにしておく必要があるみたい。
昔のそういった戦いのエネルギーは
(ちょっと前のブログにも書いたけど)
もはやこれからの時代には不要なものなので
きれいに清算するべきタイミングが来た、ということのようだ。
(これはメッセージとして来たわけでなく私の解釈だけど)

最近、私一人でメッセージが受けられないと
みなさん、いろんな手段で、直感の鋭い人と私が会ってるときに
割り込みでコンタクトをしてくる!
あまりにもその巧妙さがおかしくて昨日は一人で大笑いしてしまった。

それも、一度に全部のメッセージが来るのではなく
思い出したように、あ、そういえば、これも、
あ、そういえば、これも、という感じでポロポロ出てきたりするあたり
とても人間っぽいんだよぇ。。
その度に私の耳が痛くなったり、友達の首筋が痛かったり
という方法で私たちの意識をそちらに向けようとしてきたり。
なんだか笑える。

ところでその神社、なんと九州。ひぇ〜。
しかも、予定が既にあるところにまた突然のスケジュール割り込みで
うぉぉぉぉ なんじゃそりゃ、って感じだけど
日にちにもやっぱり意味があるようで、盆の日に指定してこられた〜。
これからどうやって親に話すかを思案中。
(親にはこういう見えない世界の話は全く通用しない、、)


こんなことここで書いてどうするのかなと思いつつ
書かざるを得ない衝動にかられているのは
やっぱりきっと、みんな誰しも祖先があって今の自分たちがあって
日本で代々伝わる「お盆」というのは
とっても意味があるものなんだ、
ということを改めて私たちが認識する必要があるからかも。

うちは長男家系だから仏壇こそはあるけれど
あんまりそこに信仰があるわけではない。
お坊さんに来てもらってお経読んでもらってても意味全く不明。

でも、ご先祖たちの意識は今も生きていて
今、私たちとともにいるんだなぁ、と
しみじみ実感。
彼らが変われば私たちにも影響があるし、
私たちが変われば彼らにもまた影響がある。

私たちは、直線的な時間の中で生きているのではなく
時間のホログラムの中に生きている霊的な存在以外の何者でもない、
そう改めて思う、お盆前のメッセージでした。

#う、ほんとに行けるかな? また後日報告すべきことがあれば書きます、、。
[PR]
by lightandcolors | 2006-07-05 11:36 | スピリチュアル
ルーン&宝くじ
とっても今更ながらに
ルーンがマイブーム。



「ルーンの書」が発行されたのが1991年。
お友達のふらんちぇすかさんが
ルーン、ルーン、と言っていたのもだいぶ前。

私はオラクルとしては、
エンジェルカードや大天使カード、女神のカードなどを
使ってきて、最近はユニコーンのカードもお気に入りだったし
それで十分だなぁって思っていた。

うちに来た人はたいてい、いろんなカードを引いて行って
そのドンピシャぶりに結構うなって帰るけれど
4月にある人のところでルーンを引いて
そのドンピシャぶりに私はやられてしまった。

ルーンについてはリンクのところでちょっと説明してあるので
ここでは割愛させていただくとして
なにがドンピシャか。

ある問題について25個あるルーンストーンの中から
3個ルーンストーンを引いてみたとする。
で、現状、とるべき行動、その結果等解釈の説明を読む。
うん、うん、そういうことね、なるほどね。

ああせよ、こうせよ、という占い的なことが書いてあるわけではなく
そこから自分の意識にどう響くかを感じていくような感覚。


ちょっと納得したところで、さらに詳しい見方で同じ問題を見てみようとする。
石はいったん袋の中に戻し、今度は十字の形で引いてみたとする。

そうすると、さっき選んだ3個がまったく同じように入っていたりするのだ。

ぎょえ〜。

25個あるし、ルーンを選ぶ前に意図設定だけした後は
適当に引いてるんだけど、なんとなくこの石がとりたい!っていうような
衝動にかられてとった石はまさに潜在意識が選んだ石。
必要なメッセージがそこにはある。
さらに天使やユニコーンのオラクルカードと合わせると
より解釈がしやすかったりする。


ちなみに、ジャンボ宝くじを買ったので
豊かさの女神、Abundantiaのカードの上に買ってきた宝くじを載せ
宝くじの上に載せるのに相応しいルーンを引こう、
なんて思って1個引いてみたら
ANSUZというのが出てきた。

このルーンの意味には、
メッセージや信号、プレゼントなどを「受け取る」ということ
が含まれている。

おお!? 受け取る、受け取る、受け取りまぁす!!!

思わず宣言。
さて、本当に受け取れるかどうか、
それは、自分が本当に豊かさに対して心からオープンになり
自分が豊かになることを許せるかどうかにかかっているとは思う。


ついでに、豊かさのためのアファーメーションをひとつ:

I choose to live an abundant life.
私は豊かな人生を生きることを選びます。

選びます〜!!!
[PR]
by lightandcolors | 2006-05-29 17:17 | スピリチュアル
LOHASコンシェルジェ
QuantumTouchのビデオワークショップがきっかけでお友達になった
Mちゃんは日々、自然とふれあい、畑で野菜作りを楽しんでいて
いいことしてるなぁと思っていました。
そんな彼女は昨年見た瞬間ピピピっと来たという
LOHAS コンシェルジェ・ライフスタイリストコースを受講し、
認定LOHAS コンシェルジェ!にもなっちゃいました。

::そんなのあったんだぁと今さらながらに知った私ですが、昨年末に::
::NEWS 23でも取り上げられていたらしい。          ::

そんな彼女が3月に米国ボールダーに研修に行ったときの報告が
環境gooの「ワタシがLOHAS」でバババーンと紹介されています。

自分の道をどんどん進んでいっていて尊敬します〜。

ある本に書いてありました。
今回地球で生きている人の課題があるとしたら
それは、「自分」を生きる、ということだと。
集団意識やら自分の周りの人に影響されがちだけれども
いかに自分以外のものと自分にとって大切なものかを
見極めて、この世にたった一人しかいない「自分」らしさを
表現していけるか。

自分の道をいく、それは我がままに周りを顧みず
好きな事をやる、ということではなく、
ただ、自分の心が惹かれることに素直に行動に移していくということ。

そのように行動していると、その人の意識は
集団意識に影響を与え、反映されていく。
その集団意識がまた少し勇気をもって自分の道を行こうとする人へ
影響を与える。

自分の道をいくということは、
結局は世のため人のためになるんですよね。


それにしても環境goo.
gooをあんまり使わない私はその存在すら知らなかったけれど
インタビューに、大江千里や高野寛って渋すぎる!
二人とも私ファンです。(最近聴いてないけど)
その他、遊佐未森、小林武史、吉川晃司も。渋いなぁ。
[PR]
by lightandcolors | 2006-05-25 00:08 | スピリチュアル
光を当てるお役目
堀江モン騒動はますます混乱の極みだけれど
私はやっぱり、彼はライトワーカーなのだと
ますます思うようになっている。

彼の逮捕劇にまつわって
もちろん、彼自身の法律違反もあるようだけれど
それ以外に、いろんな人が自分の利害のために
いろんな動きをしていることや
いろんな組織が闇で動いていることなどが
だんだん明るみになってきている。

昔、彼のやりたいことは
破壊する事、
そういう役割のライトワーカーだという話を
書いたことがあったけれど、
まさにこの一連の騒動はそれそのもの!!

まさかこんなやりかたでやるとは思ってなかったし
普通に考えて決していいことやっているとは言えない感じではあるが
ルールというものの隙間を縫って
ルールそのものの存在意義を問いかけているとも言える。

今まで一般の人の目に触れることのなかった闇の世界に
まさに光を当てて、浮き上がらせて
人々の意識に触れさせ、浄化させることが狙いのよう。

     ∴ ∴ ∴ ∴ 

最近私の身の回りでも、
一見、なんなの〜!!!???
と思える他人の行動も、
実は、その奥に、本人さえも全く意識していない
奥深い魂の目的が隠されていて
関わる人に何かの気づきを与えるものであったり
方向性を与えるものであったり、
あるいは、本人に道を指し示すものであったりしている
ということが起こっている。

世の中、現象だけみるとなんだか不可解な出来事が多いけれど
その奥にある光にいつも意識を向けておきたいと思う。
[PR]
by lightandcolors | 2006-02-26 01:22 | スピリチュアル
2006年のエネルギー
  共振の月2日  13.空歩く者 Kin13

ハワイの万美子さんから毎年恒例、
この1年のエネルギーの流れに関する情報が公開されましたのでご紹介します。


∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴

2006年と1月のエネルギーの流れ

(地球に住んでいる限り、私たちは地球のエネルギーに左右されます。
  自分が住んでいる環境のエネルギーの状態をしっかりと把握して、
 サーファーが上手く波にのってゆくように、人生をよりスムースに
 歩いてゆきましょう!)


二つの世界を同時に生きる

2006年の地球全体のエネルギー・テーマは、『二つの世界を同時に生きる』です。
そして、その二つの世界とはズバリ、『物質世界』と『見えない世界=多次元』を
意味します。

今年、見えない世界にアクセスして、天使、ガイドたちと繋がってゆきたいと
願っていらっしゃる方たちにとって絶好のチャンスの年となってゆくでしょう。


1月は今年の自分の聖なる計画にアクセス

そして、1月は、今年の戸口として、今年のエネルギーに自分を調和させてゆくと共に、
これから1年の自分のエネルギーを設定してゆく期間でもあります。

今月は、自分のハイアーセルフとのコミュニケーションをいつもよりも
密に取ることによって、今年の自分の聖なる計画にアクセスして行くことが
大きな助けとなるでしょう。


主体は自分

今年のこのエネルギーを十分に利用できるならば、つまり、自分が主体者として、
外側からのエネルギーに翻弄されることなく、コントロールしてゆけるならば、
物質世界=地球に人間として生きながらも、自由に他の次元、他の惑星に迷うことなく、
自分の意思で旅をしてゆける能力を開発してゆける可能性があります。

そうなると、宇宙の英知を自分の思いのままダウンロードしてくることだって
可能なわけです。まるでコンピューターでいろいろな情報を検索し、
ダウンロードするように。


グランディングをしっかり

しかし、そうしてゆくには自分がしっかりとグランディングしている必要性が
出てきます。つまり、見えない世界との壁が薄くなっている分、いろいろな情報、
波動が飛び交う中、いかに愛に基づいた、且つ、自分に役に立つエネルギーにだけに
自分を開くことをコントロールしてゆけるかです。

そうでないと、まったく自分の意思に反するような内容の情報を、選択の余地が
ないような感覚で、どこかの低波動存在から聞かされ、不安、心配に陥る、または、
もっと悪くなると日常の生活に支障が出てくる場合まで発生しかねません。
ですからくれぐれもグランディングをしっかりして2006年を歩いてゆかれることを
お勧めします。

新年そうそうあまり皆さんを心配させたくはないのですが、昨年末から既に
自分の意思とは関係なく気の滅入るような交信がはじまってしまって困っている
という話をすでに聞いておりますし、今までにもそのようなケースを幾つも
見てきています。 ですから、ここで一言お伝えすることが大切であると感じた次第です。


喜びがもう一つの鍵

グランディングのほかにもう一つお勧めしたいのが、
「喜びを基にした毎日をおくること」です。
なぜなら、宇宙には法則があって、自分の発する波動と同じものを磁石のように
ひきつけるのです。

ですから、自分が喜びに満ちて生活をしている限り、気が滅入るような
ネガティブな内容を言ってくるような存在と繋がって、チャネリングが始まって
しまうということは絶対にないわけです。 すべては、自分が原因ですから、
自分の波動をしっかりと喜び、幸せ、愛に保っておくと、同じような波動を持った
天使、ガイドたちを自然に引き寄せてゆけます。

くれぐれも覚えておいて欲しいのですが、どんな存在をチャネリングする時も
主体は必ず私たち人間です。私たちに100%コントロール権があります。それは、
自由意志と呼ばれているものです。 神も、天使も、ガイドもどんなエンティティーも
私たちの受け入れの許可なくして私たちと交信することはできないのです。


思考の具現化はさらに早く

2006年のもう一つのハイライトは、見えない世界との壁が薄くなっているので、
思考の具現化がさらに早くなってゆくということです。

自分が願おうが、願わまいが関係なく、「頭の中で考えたこと」
「自分の思っていること」がより早く具現化されがちです。 くれぐれも
本当に欲しいものだけを明確な思考として抱いてゆけるようにしたいものです。


皆様の2006年が最高の年となることをお祈り申し上げます☆

最後に、私が私らしさを表現することをシェアしてくださってどうもありがとう。

ハワイから愛をこめて

万美子@Red Rose
www.redrose.jp

∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴


実際、私の周りであまりこのような事に突っ込んでいなかった人たちも
急激に意識の変化が起こっているのを端からみていても感じます。

喜びがもう一つの鍵、のところで書いてあることはまさに、
クォンタムタッチのワークショップでも何度も触れている内容。
現実がどうであろうと、常に自分の中から意識の状態を喜びと感謝に満ちた状態に
しておくことによって現実はあとからついてきます。

私のところに今年やってきたメッセージも一緒に載せておきます。

 ・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・。。・゜゜・

ただただ、あなたが愛の存在である、ということを知ってください。
ただただ、あなたが、愛そのものである、ということを知ってください。

そこに理由や位置づけなど必要ないのです。

ただ、あなたが、愛そのものであることを知り、意識してください。

それを、一瞬一瞬、積み重ねてください。


 ・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・。。・゜゜・

たくさんの光のサポートとともに、喜びに溢れる世界を
自分の中から創っていきましょう。
それは、一人ひとりの内側から始められることであり
その一人ひとりのパワーが実はとても大きいんですから!!!
[PR]
by lightandcolors | 2006-01-11 09:30 | スピリチュアル
無価値感〜
   自己存在の月4日  9:太陽.猿 Kin191 

え〜いきなりですが
人生なんのために生きてるの〜? という問いに対する答えのひとつで
私的にフィットしている説では
人類っちゅうのは、自分の可能性をじっくりゆっくり観察するために、
この3次元に降りてきている。

でも源辿れば、本来はみんなひとつの意識から生まれている。

最初のひとつの意識=源の純粋な創造エネルギーが、
自分を知りたくって、自分を客観的に観察してみるために、
分身を作って、それぞれに自由意志を与えてみたけれど、
まだあまりにも自分に近すぎて、自分が何者かを客観的に見れない。

なので、分身のさらに分身を作ってみた。
するとちょっと源の意識とは一体感が薄まったのでだいぶ
個別の意識みたいなものはでてきた。

が、さらにじっくりと自由意志を探求しやすいところ、
ということで、物質界である3次元に降りて来て
自分の可能性をとことんいろいろ体感してみよ〜!
っていうのが、私たちがここにいる理由。。。

そう、自分たちの意識したものを創造するエネルギーを使って
意図したものを時間をかけて物質化したり、現象として起こし
それを観察することで、自分を知る、っていうことをしに来ているのだ〜。 
つまり、私たちは全員誰一人もらさずcreator=創造する人=創造主。

ということで本来、この地上にいる私たちも
み〜んな同じ意識から生まれた存在ではあり
その最初のひとつの意識っていうのは、
純粋な創造のエネルギーであり、
拡張性と永遠性、無限性をその特徴としている。

なのでその分身である私たちは、もともとみんな繋がっているし
ただ自分の可能性の追求を楽しんでいればよかったのだけれども
ちょっと源から離れ過ぎちゃって分離感が強くなっことや
あまりに完全な無限性の中にいて、その自由さに対する恐怖から
だんだん有限や制限を求めるようになり、
いろんなものが停滞して、そして凝固し、
そしてそれが、私たちの人生における楽しみを妨げる
さまざまなブロックとなってしまっていたりする。

そんな経験を踏んできた私たち人類のブロックの一番の根本は
無限性を恐れるようになったことからの判断と
それによる罪悪感にある。

その罪悪感は時には無価値感、時には生存の恐怖として現われてくる。

無価値感。源とあまりにも切り離されてしまって、自分が
その無限の創造のパワー、無限の可能性を持っていることを忘れ、
ただ自分の力なさや、なにか頼りなさを感じてしまったりする。

無価値感をもっていると、「自分の使命」を探してみたり、
他者と比較をして、自分はだめだという、あるいは、他人よりも優れているという
証拠集めをしてみたり、自分以外のものに依存してみたり
もしくは、自分をおろそかにしていつも最後にしてしまったりする。

この無価値感を全くもっていない人間っていうのは
おそらくこの地上では皆無に近い状態。誰もが持っているブロック、
といってもいいくらいの根深いブロック。

なので何か折に触れ、癒されきれていない部分があると
この無価値感が浮上して、それを眺めなきゃいけない現実が出て来たりする。


私も何度も何度もこの無価値感が周期的に浮上してくることがあり
その度に少しずつ自分を受け入れるようにはなってきているのだけれども
先週から新たなワークを始めたおかげで、またこの無価値感体感week!
がやってきた。 自分のこともそうだけれど、周りの人のそういう状況、
っていうのもいろいろ目にすることになった。

無価値感が前面に出てくると、
他の人に対する反応、自分自身の今のあり方に対する考え方、
自分の仕事、、、そういった一連のものごとが、
一気に弱々しいもの、自信のないもの、被害者意識的なものになったり、
安定を欠いたものになってくる。

そんなときは、なかなか抜け出せないこともあるんだけれど
自分は、この人生のゲームを楽しみに来たんだ、
というようなちょっと客観視した視点とか、
自分という存在の根本は自分の中にあるのであって、
他人の目を通して始めて存在しているのではない、
ということを思い出したりすることが有効。

特に、やっぱり、他人に愛されたい、嫌われたくない、
できないやつだと思われたくない、よいコだと思われたい、
認めて欲しい、わかって欲しい、etc.等
表面的な感情の裏に隠れたいろ〜んな人間の複雑な感情の根源に
この無価値感がある。

でも、逆にそれだからこそ、自分を客観的に見れば、
今感じている感情のその奥にあるなにか、に気づくはず。

そして気づいたら、新しい次元での視点が手に入ったも同然。

ああ、そうだったんだぁ。
だから私はこのように感じたんだなぁ。
あの人はこのように反応したんだなぁ。

なんて思えてくると、今までぐるぐると渦の中にいて
抜け出せなかったローな気分から
すっと抜け出せたりする。

結局大切にすべきは、自分が感じていることを
全てしっかりそのまま感じることなんじゃないかなぁ。
こう感じるのが悪いとか、恥ずかしいとか、
感じること自体に判断をいれずに。


今回の無価値感体感week、期間は短かったけれど
自分のそういう時の感情の状態と
それを超えた視点で物事を見ることが出来る時の
自分の受け止め方や感情の状態との違いを
結構はっきりと見る事ができた。

いい悪いの裁きは手放して、ただただ、
日々、ますます、自分の可能性を楽しむことができるよう、
時には、無価値感としっかり向き合うのも悪くない。
[PR]
by lightandcolors | 2005-10-21 02:03 | スピリチュアル


勝手気まぐれ&ちょっとスピリチュアル系ひとりごと。。。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
LINKs to my other sites
Light & Colors *embrace*
横浜市内にある隠れ家
ヒーリングスペース♪
クォンタムタッチのワークショップもご要望に応じて随時開催中。遠隔ヒーリングもしています


Light & Colors WEBSHOP
"ココロとカラダを癒す"&"自然との共同創造"、そして "色・光・音"がテーマの雑貨セレクトショップ。エンジェルチューナーやクリスタルも好評販売中♪


Light & Colors WEBSHOP information+α
ショップの更新情報や商品にまつわる情報


Light & Colors Photo
花や旅行先での写真ギャラリー


Check These Out!!
オススメ本、商品、サイト、海外旅行のtips等を紹介するblog


ナチュラルな暮らしのために
NEW! amazon提携shop



2004/11以前の日記はこちら



::OTHER BLOG LINKs::

はづき虹映の虹色吐息
多忙な人のスローライフ
願いをかなえるタロットセラピー
光への扉☆
mi-keの形而上的かくれ家
cotemidi
くろぴい農園
スピリチュアルカウンセリングと神社・聖地の情報
光の息吹, 光の息吹
Natural Life
女神たちのパッチワーク
Kanako.Maruoka
†amirta-Crystal Cave†
お気に入りブログ
最新のトラックバック
クリスタルたち
from HAPPY LOTUS 笘
体に優しいオーガニックを!
from ロハスな生活で健康ライフ
太陽の紋章
from ★ The MIXTEC ★..
朝食用「ベビースター」?
from Short Cappuccino
ビブリオ・スピーク
from mi-keの形而上的かくれ家
海遊館
from 大阪★いらっしゃ〜い
部屋を片付けているんだか..
from The sunshines ..
最期の言葉
from カプチーノを飲むあいだ
スピリチュアルで精神世界..
from スピリチュアルで精神世界なヒ..
LOHAS9で出会ったB..
from Do_yoga! ヨガで身体..
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧